記事一覧

今年の夏は西海岸スタイルでおしゃれに

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

夏のメンズファッションにおいて、タウンユースとしても定着しているサーフブランド。最近では数多くのサーフブランドが存在し、どんなモノを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

また、サーフブランドと聞くと少し子どもっぽく、やんちゃなイメージを持たれることも多いため、なかなかチャレンジできない方も。そんなイメージを払拭するべく、大人の男性にもぜひおすすめしたいおしゃれサーフブランドをアイテムごとに分かりやすくご紹介します。
2009年にニューヨークのマンハッタンで誕生したサーフ系セレクトショップ。まだ比較的新しいブランドではありますが、2012年には日本への進出も果たし、高い人気を集めています。

シンプルなデザインで飽きずに着られるアイテムが多いのも人気の理由です。大人の男性でも抵抗なく取り入れられるのでおすすめ。サーフブランドのTシャツを選ぶなら、まずは押さえておきたい注目のブランドです。
シンプルなオリジナルのグラフィックデザインが、さりげないおしゃれさを演出するTシャツです。どんなコーディネートにも合わせやすく、汎用性が高いのが嬉しいポイント。ベーシックなカラー展開で、使いやすさ抜群の1着です。
「SATURDAYS」のボックスロゴがクールな印象を演出するTシャツ。都会的な雰囲気を感じるデザインは、きれいめファッションにも相性抜群です。リラックス系のコーディネートはもちろんのこと、スリムなパンツと合わせるのもおすすめ。ほどよい存在感でコーディネートにアクセントを与えてくれます。
「ロンハーマン」は、1976年にアメリカ・ロサンゼルスで誕生したセレクトショップです。サーフブランド好きでなくとも知っている、ファッション通愛用のブランド。西海岸スタイルをイメージしたさまざまなアイテムを展開しており、リラックス感のあるカジュアルウェアは大人の男性にもぴったりです。
オーガニックコットンを編み込んで作られたVネックTシャツ。素材の特徴であるナチュラルな風合いは、優しい雰囲気を演出してくれます。

胸元にあしらわれたポケットが、シンプルなデザインにほどよいアクセントをプラス。ゆったりめのシルエットで、リラックス感を楽しめるおすすめの1着です。
シンプルなコットン素材のTシャツは、胸元にあしらわれた星条旗の刺繍がワンポイント。ロンハーマンのオリジナルデザインで、シンプルながら存在感のある1着です。さまざまなコーディネートに合わせやすいのも嬉しいポイント。すっきりしたデザインが好きという方におすすめのTシャツです。
2011年にアメリカ・サンディエゴで誕生したサーフ系セレクトショップ。プロサーファー兼モデルでもあるデザイナーが立ち上げたブランドで、多くのおしゃれアイテムを取り扱っています。

2015年からは、ブランドオリジナル製品の展開をスタート。本物の西海岸スタイルを求めるファンから愛されているブランドです。
シンプルなクルーネックTシャツに、フロントのキャッチーなロゴが映える1着。強すぎない存在感で、西海岸スタイルを気軽に楽しめるのでおすすめです。

スタンダードなシルエットで、1枚で着るのはもちろん、インナーとしても活躍します。大人の男性にも無理なく着られる、ほどよいサイズ感も嬉しいポイントです。
フロントに大きくあしらわれたボックスプリントが印象的なTシャツ。柔らかなコットン100%素材で着心地も抜群です。

シンプルなので、癖のあるアイテムとの相性もぴったり。柄物のショートパンツや、パイル生地のパーカーなどと合わせて西海岸スタイルを楽しむのにおすすめのTシャツです。
カラフルな色使いが特徴的なTシャツ。ランダムにプリントされたブランドロゴがポップな印象で、リラックス感を演出しています。コットン100%のナチュラルな素材感は、サーフブランドらしい爽やかな雰囲気をより一層プラス。1枚でシンプルに着ても様になるおすすめのTシャツです。
2010年に誕生したメンズサーフブランド「ティーシーエスエス」。50〜60年代のサーフシーンからインスピレーションを得ながら、トレンドもしっかりと抑えたアイテム作りが特徴です。

コアなサーファーから人気が広がり、現在では世界中のおしゃれ好きから高い支持を得ています。力の入り過ぎていない雰囲気は大人の男性におすすめです。
ブランドのロゴとして使われている、ひし形のデザインがポイントの1着。すっきりとした見た目で、さまざまなシーンで着用できる汎用性の高さが魅力です。

厚過ぎず薄過ぎない肉感は、重ね着をしても着心地を損ないにくいのでおすすめ。ややスリムなシルエットのため、トレーナーによくある着ぶくれ感が出ないので安心です。
日本製モデルのスウェット。チャンピオン製品で知られる、生地を横向きに使用して縦縮みを軽減する「リバースウィーブ仕様」で作られています。製品洗いを施しているため、コットンの柔らかな風合いが特徴的な仕上がりです。

やや厚めの肉感ではありますが、裏起毛を施していないため、比較的長い期間着用できるのも嬉しいポイント。コーディネートのアクセントとして活躍するおすすめの1着です。
2011年にカリフォルニア出身のデザイナーが立ち上げたサーフブランド。西海岸と東海岸のサーフファッションをルーツに持ったアイテムは、メイドインUSAにこだわって作られています。都会的なサーフスタイルを求める方におすすめのブランドです。
コットン素材で作られた、柔らかい着心地のトレーナー。左胸にあしらわれたブランドロゴのスクエアプリントが、さりげない存在感を演出します。レギュラーフィットのサイズ感とシンプルなデザインで、どんなワードローブにもマッチするおすすめの1着です。
ブランドロゴの半分だけを反転させたデザインがお茶目で魅力的。ゆるっとした雰囲気でサーフ感を存分に感じさせてくれます。肌当たりのよいコットン素材を採用し、着心地も抜群。1枚で着ても様になるおすすめのスウェットです。
2011年にアメリカ・サンディエゴで誕生したセレクトショップ。セレクトアイテムだけでなく、メイドインUSAのオリジナルアイテムも高い人気を誇っています。現在ではアメリカのみならず、カナダやオーストラリア、日本など世界中から多くの注目を集めているブランドです。
無地のシンプルな作りと、独特のくすんだカラーリングが特徴のトレーナー。余計なデザインは一切省き、素材感にこだわった1着です。

首元のVガゼットが、顔周りをすっきりシャープに見せてくれます。スリムフィットでもたつきが少なく、全体的にすっきりとした印象で着用できるおすすめのアイテムです。
フロントにあしらわれたAROHAのロゴが存在感を放つトレーナー。ロゴはフェルト素材でできており、ボディ部分との異素材感も特徴です。見た目にも柔らかい印象なので、リラックスしたサーフカジュアルファッションを楽しむのにぴったり。スリムフィットですっきりとしたサイズ感も魅力の1着です。
1969年にオーストラリアで誕生した「クイックシルバー」。日本でも認知度が高いサーフブランドのひとつで、サーフシーンだけでなく、タウンウェアとしても人気を集めています。葛飾北斎が描いた「富士山と波(神奈川沖浪裏)」をモチーフにしたブランドロゴも大きな特徴。幅広い世代の方におすすめのサーフブランドです。
リーフ柄のプリントが目を引くリュック。デイリーユースに最適な大きさで、A4サイズもしっかりと収納可能です。メインコンパートメントにはポケットを1つ配置。また、フロントにもマチ付きのポケットがあるので、細かい荷物の持ち運びにも活躍します。サーフファッションと相性抜群でおすすめのリュックです。
全体的に丸みのあるデザインが特徴的なリュック。背面にノートPCやタブレットを収納できる専用ポケットが備わっているのも嬉しいポイントです。また、小物をしっかりと収納できるポケットも豊富。

収納力に優れながら、コンパクトな見た目ですっきりと使用できます。カジュアルシーンはもちろん、ビジネスでも使える万能さもポイントのリュックです。
「ビラボン」は1973年に、オーストラリアのゴールドコーストで誕生。ボードショーツの製造から始まり、プロサーファーから絶大な支持を得ている老舗のサーフブランドです。現在ではボードショーツにとどまらず、さまざまなアイテムを展開。トータルアパレルブランドとして、世界中から注目を集めています。

サイナ海Sbersbleプロダイビングカウントダウン

広大な専門の潜水腕時計を盛大に出して、勇敢で強固で、堅固な不屈の化身と言われています。この新しいSBMerSBalのプロダイビングの時計のインスピレーションは、ノンミューム・内里(Guilaime N)。フランスのフリーダイビングの優勝は、世界記録や驚異的な水底写真の撮影で国際的に噂されています。
フランスの自由潜水界の殿堂入りの人物をモチーフにして、機械工学の新伝奇を作り、優れた性能、優位性、信頼性、優れた成果に匹敵する。ディムム・内里はかつて2回の世界選手権で、4つのリニューアルの自由なダイビング世界記録を破った。その前のプロの選手はすでに海洋大使となっていて、広大な海の中での豊かな旅として、人を絶好の映像や映画に変えていく。近代的な腕時計を創始して、優れた技術的な性能と力強い運動スタイルを組み合わせて、ノンミューム・内に敬意を表します。
サイナ海Sbersbleの専門のダイビングの時計の腕時計–Guilaame Nete eutional -内版は専門のダイビングの時計の時計の典範で、防水の深さは約300メートル(30巴)、単向きの回転表の輪を備えて、正確に下潜の時間を表示します。白の夜の光の時には、細密なテクスチャを持っているサメグレーの表盤と比較して、光の条件や漆黒の環境においても、はっきりと読むことができます。フリーダイビングチャンピオン本人の署名を表の底に刻まれた驚異の記録――一口閉息126メートル
腕時計の設計は美しくて精巧で、チタンの金属の表殻と青色の陶磁器の回転の時計の輪、青色の針とゴムの表帯の相引きを飾ります。この精確な時計の時計は飛返しのカウントダウンと秒針をゼロにする機能を備えて、時計の時計は学校を調整する時正確に同期することができます。サイナ海Sb mersbleプロフェッショナルダイビングカウントシート–Guilaime N copetiving紀ナンシャル・内里版腕時計はP . 9100自動機のコアを搭載し、動力は3日に及ぶ。機械のコアは完全にナマナの高級な製表所の創意の工坊(Lboratorリオdi IDe)によって自主的に開発して、ロマンチックな海の腕時計の原創性と精確度と各設計の精巧な融合を譲って、強固で抜かれない性格とチャールの実力を精製します。

アラーム内蔵のメモ「カクミル」。書いただけを防止する未来の文房具

アップロードファイル 3-1.jpg

未来の文房具。

タスクなどを書く際に活躍するメモ。よかれと思って書いても、メモ自体を失くしてしまったりメモしたこを忘れてしまったりすることもあるはず。

そこで今回は、書いた内容を忘れないように通知してくれるアラーム内蔵の文房具「カクミル(kakumiru)」をご紹介します。
書いた内容をアラームで通知する「カクミル」。デジタルならではの特徴をもちつつも、手書きメモと同じような使用感を味わえるアナログさも魅力です。

また、ディスプレイには”液晶画面”ではなく”電子ペーパーディスプレイ”が採用されているのもポイント。紙のように見やすく、電源オフの状態でもメモした内容を表示したままにしておけます。
本体には「メモ」「ToDoリスト」「カレンダー」「時計」「電卓」の5つの機能を搭載。別途で卓上カレンダーや電卓などが必要ないので、デスク周りがスッキリするところも魅力です。
電源ボタンは未搭載
電源ボタンがないのも「カクミル」の特徴。起動や文字入力はペンを画面にタッチすることで行うため、従来の紙とペンのように気軽に使えます。また、消しゴム機能も搭載されているので、書き間違えの心配も不要です。

アラーム設定
書いた内容を忘れそうな場合はアラーム設定をするのがおすすめ。設定した日時になるとアラーム音と画面表示で通知されます。なお、アラーム音はオフ設定も可能のため、オフィスや学校など、静かな場所でも安心です。

画面表示は切り替え可能
本体には”入力時”と”表示時”の画面表示を自動で反転させる「加速度センサー」を内蔵。縦置きもできるため、デスクの上でのスペースも最小限に抑えられます。

このカクミルは現在MAKUAKEにてクラウドファンディング中です。

ライターからヒトコト
手書きメモのアナログさと、アラーム設定可能なデジタルさが融合した未来の文房具「カクミル」。電源ボタンが未搭載なので、手書きメモのように直ぐにメモできる点や、消しゴム機能が搭載されているところなどもポイントです。また、時計や電卓機能などが搭載されてるのも魅力。文房具ファンの方はぜひ、チェックしてみてください。

感謝祭はプレゼントを選んでその一番大切なTAにプレゼントします

感謝祭は、毎年11月第4週の木曜日で、今年の感謝祭は11月22日です。感謝祭の最初の時はアメリカの独創的なお祭りですが、今では国際的な祝日になりました。この日に身近な人に感謝して、温かい時間に感謝します。感謝祭が近づいてきました。腕時計の家にお勧めの三針腕時計をお勧めします、プレゼントとして一番大切なものをプレゼントしてもらいたいです。

オメガディスクドライブ41.21.02.0

製品のモデル:43 3.13 1.21

腕時計の直径:41ミリ

メカニズム:自動機械

コアタイプ:オメガ8900

表殻材質:精鋼

防水の深さ:100メートル

オメガの蝶飛シリーズは上品で、味わいがあると意味が深いので、感謝祭としても誠意を持っています。簡単な大3針の設計は経典の風格を呈して、銀の白色の表盤は独特な同心の丸い設計を採用して、黒色のベルトを組み合わせて、精緻な典雅。本体には精製鋼の材質が採用されていて、繊細な針とローマの数字の目盛りには18 Kのプラチナが採用され、3時にはカレンダー表示ウィンドウが設けられ、腕時計に実用的な機能を加えた。オメガの8900の同軸の至極の天文台のコアを搭載して、15000ハイツの強い磁場に抵抗することができて、動力は60時間で、防水の深さは100メートルに達します。

IWC万国表パフェノシリーズIWN 365

製品のモデル:IW 35 6618

腕時計の直径:40ミリ

生地の厚さ:9.3ミリ

メカニズム:自動機械

コアタイプ:35

表殻材質:精鋼

防水の深さ:30メートル

今年はIWC万国表150周年を迎えた今年の時計の見どころが見どころだ。このパフェノシリーズの新しい腕時計もそうですが、青々とした表板が優雅で奥深い葉形の針と、3時位置には日付視窓が設けられています。万国35 %のチェーンコアを搭載し、上下連鎖で42時間の動力備蓄を提供することができる。表の底には万国周年記念のロゴが刻まれていて、記念の意味があります。

ブルガリOCFシリーズ10227 OC 41C 6 KD

製品のモデル:10227 OC 41C 6 KD

腕時計の直径:41ミリ

メカニズム:自動機械

ココアモデル:Calbre BVL 191

表殻材質:精鋼

防水の深さ:100メートル

八角形の表殻はブルガリOCトシリーズの純粋なデザインで、イタリアのイノベーションを見事に演じています。角のはっきりした表殻は白い表盤に合わせて、現代の都市男性のファッション的な個性を発揮します。長方形の立体時の落札と透かしの指針の設計と裏面の設計は相変わらず、日付視窓は同じ3時に位置します。この腕時計には、ブルガリ製Cal . BVL 191・SolotMpoを搭載した自動スクラップ機械のコアを搭載しており、42時間の動力備蓄が搭載されている。

どのロレックスを購入するには?SubMariner対Explorer IIは、比較レビューを見ます

私は、私が私がそうであった不可解な暗い気分から出るのを援助するために若干の小売療法を必要とすると決めました。それで、彼らが小売療法を必要とするとき、腕時計愛好家は何をしますか?もちろん、ロレックスのショッピングに行く。すべての私のAblogtowTatchと仲間の愛好家の仲間と相談した後、私は2つのオプションにダウンしていた:ロレックスエクスプローラーIIの.
私はミステリーをここでは行かないつもりです、しかし、私が私の決定をしたあと、私は購入のために私が委託する使い手の腕時計専門家のうちの1人に話しました。その直後にエクスプローラIIを手首に持っていて、もっと幸せになれなかった。しかし、決定は私が想像していたより困難であり、理想的な世界では、エクスプローラIIとsubmarinerを得ただろう。ここでは、客観的に2つの時計を比較しようとするつもりですが、この決定を少し簡単に誰もが同じ選択に苦労してください。
これは、スチールスポーツの時計は、この時点で“IT”の作品は、セラミックデイトナとPatekフィリップNautilus 5711 s取引では、価格を求めて上記の数千ドルで、この時点で(これは、2018年初頭には、これを書く)です。これは単に彼らが欲しい時計のための公正な価格を支払うことを望んでいる多くの時計愛好家からの正当な欲求不満のトピックですが、市場の動向と在庫はほとんど不可能ないくつかのモデルを取得することができますし、最近導入されたスチールペプシGMTは別のimpossiブルは、小売以上のモデルの取引を見つけるために。
幸いにも、SubMarinerとExplorer IIは、価値を保持するが、合理的に取得するのが簡単な固体製品です。しかし、ロレックスはますます在庫を圧迫し、道を下りる必然的な価格の増加は、これは真剣に検討している場合は、これらの作品のいずれかのトリガをプルするには良い時間になります。(もしあなたが在庫のクランチについてもっと知りたいならば、AblogtowatchはここでチェックすることができるこのトピックについてGovbergからジョージ・メイヤーと魅力的でイライラする会話をしました)
前に、我々のデイビッドBredanは、Submariner 114060とTudor遺産ブラック湾の先頭に向かいました。つの固い価値提案がないので、これは少し異なります、しかし、それがSubmarinerに来るとき、私はこの記事を通してDavidの作品を引用します。それで、更なるAadoなしで、ロレックスSubmariner 114060対ロレックスエクスプローラーII 216570を見てみましょう。
最初のsubmariner REF . 6204時計は1953年に到着し、近代的な歴史の中で最も象徴的なダイビング時計になるために行っており、最も象徴的でユビキタス豪華なスポーツの一つは、期間、時計を監視します。当初37 mmの幅を測定して、Submarinerはこのカキのケースのために100メートルに防水でありました。もちろん、ショーン・コーナリーが1962年のDr . No .でジェームズ・ボンドとしてスバルマーを着たとき、腕時計は年を通して007の映画を見たほとんどすべての若い男性(そして女性)の想像力にちりばめられました。
1967年に早送りし、私たちは、ロレックスSubmariner REF . 1680のリリースを参照してください。それは、日付があった最初のsubmarinerであったと同様に、忠実なレクリエーションではない、2017年の海の住人の形で賛辞を与えられた赤いテキストの1行として、心。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ