記事一覧

ご存じですか? 同じモデルなのに個体によって中古市場価格が数百万円も違う理由|ロレックス通信 No.145

ロレックスにおいて、すでに生産終了している過去の人気スポーツモデルの中古市場価格を見ていると、同じ型番なのになぜか実勢価格に数百万円もの開きがあることがよくあるが、それはなぜなのかご存じだろうか。

この価格の開きには、個体自体のコンディションの良し悪しが関係していることはもちろんなのだが、それ以外にもロングセラーを誇るロレックスゆえの理由も実はあるのだ。

例としてここに取り上げたデイトナのRef.16520は、自動巻きクロノグラフムーヴメントが採用された初のデイトナで、搭載するのがゼニスのエル・プリメロということからもロレックスファンに一目置かれる人気モデルだ。製造期間は1988年から2000年頃までと長い間生産が続けられており、実はその間に文字盤や外装の一部に少しずつ仕様変更が加えられているのである。例えば下の写真をみると12時位置のロゴまわりの表記が同じレファレンス、Ref.16520ながら製造年代によって少しずつ変更されていることがわかるだろう。

世界中で大人気♪ロレックスコピー オイスターパーペチュアル デイトナ 16519Gメンズ 自動巻き ブラック

タイプ 新品 メンズ
型番 16519G
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
宝石 ダイヤモンド
文字盤色 ブラック
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
付属品 内箱
革ベルト 尾錠 共に純正

つまり、この仕様変更がどの時期のもので、かつその個体の製造期間が短いかどうかによって希少性が高まり、それに伴って実勢価格もどんどん上がっていくというわけだ。ちなみにRef.16520の場合は製造後期の仕様のもので400万円台から流通するが、生産初期だけに見られる希少な仕様だと、もちろんコンディションにもよるが800〜900万円ぐらいまで跳ね上がってしまう。

このような製造期間中の若干の仕様変更が見受けられるのはどちらかというと2000年以前のレファレンス。特に1960年代後半から80年代に製造されたものに多い。ここに取り上げたデイトナもそうだが、62〜89年までと約27年もの超ロングセラーとなったサブマリーナーのRef.5513は、製造期間が極端に長かったこともあってそれだけ変更点も多い。こういったモデルについては購入する際はもちろんだが、特に手放そうかと考えている人は、よく仕様変更に伴う相場観について事前に知識を得ておいたほうがいだろう。なぜかというとロレックス自体の相場がここ数年で桁違いに上がっているため、希少な仕様かどうかで驚くほど買い取り価格が違ってくるからだ。


【関連記事】:2022年春夏のバッグトレンド3の傾向

コメント一覧

tote711優良サイト口コミ URL 2022年05月13日(金)11時26分 編集・削除

2022最新作ブランドスーパーコピー後払い安全なサイト超人気ブランドコピー代引き激安

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー