記事一覧

1週間着けるうちに、私は新しいビッグ・パイロットにすっかり惚れ込んでしまった。

マニアはケースサイズを小さくしてほしいと要望するのが常だが、ブランド側が耳を傾ける必要がないことは常識となりつつある。なぜなら彼らが耳を傾けるべき相手はマニアではなく、顧客の大半を占め、大きいケースを好む一般消費者であるからだ。スーパーコピー時計私を含むマニア層は一般的な消費者といかにかけ離れているかをつい忘れがちだ。

IWC パイロットウォッチ スーパーコピートップガン IW388007

品名 パイロットウォッチ

型番 IW388007

機械 自動巻き

材質名 セラミック・チタン

タイプ メンズ

文字盤色 ブラック

文字盤特徴 アラビア

ケースサイズ 46.0mm

機能
フライバッククロノグラフ

付属品 内箱、外箱

保証 当店オリジナル保証3年間付

ボーナスを投入して買いました!という声が多いのがIWCです。クラシックで品のあるデザインのポルトギーゼクロノグラフも人気ですが、スポーティーな印象のパイロットウォッチもよく見かけます。

メタルブレスレットとNATOストラップを使い分けてオンとオフ両方で楽しんでいる方もいます。なお、ジャケパンスタイルであれば、NATOストラップでもカッコイイので皆さん是非お試しください。

そう、ほとんどの購買層はいまだに大きな時計を好むため、ほとんどのメーカーはごく少数のマニアがケースサイズの縮小を求めているのはお構いなく、いまだに40mm超の時計を製造している。大手ブランドは新モデルを発表する前にフォーカスグループ(訳注:商品開発のためのグループ討論)やマーケティング調査に多額の資金を投じており、それが時計の大型化につながっていることが多い。逆説的にIWCのような巨大ブランドが純粋主義者に向けたようなダウンサイジングを敢行することは大きな意味を持つ。最後に手首がハムホック(豚のスネ肉の燻製)のように太くない人こそビッグ・パイロットを試してほしい。より多くの人々にとって、この時計とブランドがより開かれた存在となるだろう。

コストパフォーマンスについて

本稿の取材のため、ワイオミング州の山間飛行専門パイロットであり親友でもあるジョーダン・アーバック氏と私は、この時計とティートン山脈周辺で飛行し、パイロットの立場通してこの時計をレビューした。しかし、初めに私がはっきりさせておきたいのはこの時計は紛れもなく“ラグジュアリー”の世界に属する時計だということだ。確かに古いツールウォッチのデザインをベースにしているし、酷使に耐えられるように作られているが、ビッグ・パイロットの典型的な購入者はフリーガーにインスパイアされたデザインを製作しているマイクロブランドを渡り歩いているわけではないことを忘れてはならない。

FASHIONでは、時計を分析する際に時計の細かな部分や歴史的な背景に目を向けることが多いのだが、非常にシンプルなことを見失いがちだ。時計を買う人の大半は自分のために“良い時計”を買いたいと思っているだけという事実だ。なぜなら、それは高級品であり、自分がお金を出して贅沢なものを楽しめるようになって、ようやく手が出るものだからだ。このような人々は必ずしも時計オタクとは限らない。

IWCが販売する時計の多くはこのような顧客が対象となっている。ソーシャルメディアやインターネットのフォーラムで繰り返しよく見かけるコメントはこの層が必ずしも細部にこだわったり、自社製キャリバーの詳細を理解できるほどの知識を持っているわけではないため、IWCはこうした状況を利用してビッグ・パイロットのような時計を高額で売りつけるというものだ。

【関連記事】:http://goodjima.top/

コメント一覧

mwmako785 Eメール URL 2021年11月12日(金)18時01分 編集・削除

人気メンズサンダルブランド

カジュアルなデザイン URL 2021年11月13日(土)15時24分 編集・削除

女性の憧れシャネル?チェーンデザインが多いシャネルですが

ankopi安値 (100%実物写真) URL 2021年11月18日(木)17時16分 編集・削除

100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー