記事一覧

セイコーは、新しい「南極海を救え」SRPG57K1とSRPG59K1アイスブルーウォッチを発売しました

海を救うことを使命として、セイコーは新しいプロスペックスベイビーツナとモンスターウォッチを発売しました。新しい時計は、世界最大の海洋保護区である南極の風景に着想を得ており、波模様とペンギンの足跡で飾られたアイスブルーのグラデーションダイヤルが装備されています。収益のすべての部分は、海洋保護と環境に寄付されます。組織。

ベビーマグロ「南極」(小型マグロ南極)ウォッチ-SRPG59K1

SRPG59K1ウォッチは、1975年に象徴的なセイコーRef。6159-7010ウォッチのクラシックな要素のほとんどを継承し、同時に多くのアップデートを受けています。この時計の直径は43.2mm、厚さは12.6 mmです。ステンレススチールのケースは、コンパクトで快適に着用できる短いローラグと調和しています。ケースプロテクターはブラッシュドスチール製で、ベゼルの一部を覆っています。ねじ込み式リューズは4時位置に設定され、ハードレックスクリスタルミラーと組み合わせて、時計全体が200メートルの防水性を備えています。

一方向回転ベゼルには、同心のテクスチャーと黒の60分目盛りで装飾されたシルバーのメタルインサートがあります。新しい南極スタイルの文字盤は、氷のようなパターンとペンギンの足跡で飾られた段階的な青です。ディスクの表面には円形と三角形のタイムスケールが点在しており、時刻は太い矢印ポインターで示され、4時30分に日付ウィンドウがあります。

SRPG59K1ウォッチは、クラシックな4R35自動巻きムーブメントを搭載しており、1時間に21,600回(3 Hz)で振動し、41時間のパワーリザーブを提供します。この時計には、570ユーロの価格で、ステンレススチールのピンバックルが付いたライトグレーブルーのシリコンストラップが付属しています。

モンスター「南極」(モンスター南極)ウォッチ-SRPG57K1

RPG57K1ウォッチは、2020年にリリースされたSRPE27K1 Padiウォッチをベースにしています。同じスタイリング比と技術的な意味合いを維持し、新しい配色に置き換えられています。どちらの時計も、同じ一体型の超頑丈なケースとブレスレットを備えています。クラシックなラグは、10:30-1:30から3:30-7:30までベゼルまで伸びており、保護装置として機能します。ベゼルとベゼルはピットで装飾され、複雑な輪郭を持っているため、モンスターという名前が付けられています。ステンレスケースの直径は42.4mm、厚さは13.4mmです。

SRPG59K1と同様に、RPG57K1時計のシルバーメタルの一方向回転ベゼルは、同心円状のテクスチャーと黒の60分スケールで装飾されています。新しい南極スタイルの文字盤は、氷のようなパターンとペンギンの足跡で飾られた段階的な青です。ねじ込み式リューズは4時位置に設定され、ハードレックスクリスタルミラーと組み合わせて、時計全体が200メートルの防水性を備えています。違いは、RPG57K1時計のアワーマーカーと針がクラシックなモンスターウォッチのデザインに従っていることと、3時位置の曜日と日付のウィンドウの上に虫眼鏡があることです。

SRPG59K1ウォッチは、クラシックな4R36自動巻きムーブメントを搭載し、4R35ムーブメントに日とカレンダーの機能を追加します。振動数は、1時間あたり21,600回(3 Hz)で、41時間のパワーリザーブを提供できます。この時計には、折りたたみ式クラスプとダイビングエクステンションデバイスを備えたステンレススチールブレスレットが付属しており、価格は550ユーロです。


もう悩まない!夫(旦那)への誕生日プレゼントはコレで決まり!3選

旦那様への誕生日プレゼント、毎年何にするか迷っていませんか?「今年はいつもと違うブランドのものを贈りたい」「どうせなら仕事中も使ってほしい」、そんなお悩みを全て解決しちゃいます!ギフトコンシェルジュが在籍する、topkopi編集部だからこそのラインナップ!培ってきた経験と知識で、今話題の人気ブランドの時計から仕事でも使える文房具まで、3品を厳選しました。みなさんに参考にしてもらえれば嬉しいです。

2021年新作 ロレックス GMTマスター2 124060

图片描述

カテゴリロレックス サブマリーナー

型番124060

機械自動巻き

材質名ステンレス

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラー青

外装特徴回転ベゼル

ケースサイズ41.0mm

付属品【詳細】内箱

外箱

ギャランティー

ウブロ ビッグバン スーパー コピー ワンクリック キングゴールド ダイヤモンド 465.OX.1180.RX.1204

图片描述

テゴリウブロ ビッグバン スーパー コピー(新品)

型番465.OX.1180.RX.1204

機械自動巻き

材質名キングゴールド

ブレス・ストラップストラップ

宝石ダイヤモンド

タイプユニセックス

カラーブラック

文字盤特徴アラビア

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ39.0mm

機能デイト表示

ケース径39mm、ユニセックスモデルの【ビッグバン ワンクリック キングゴールド ダイヤモンド】。

キングゴールドケースのベゼル部分にダイヤモンドをセッティングして、スポーティー&ラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

ムーブメントには50時間パワーリザーブの自動巻きキャリバーHUB1710を搭載。また、ラグ部分のプッシュボタンを押すだけでストラップの交換が容易におこなえる「ワンクリック」システムを搭載しており実用性にも優れています。

2021年 ヴァシュロン・コンスタンタン新作 オーヴァーシーズ・オートマティック 偽物 4500V/110R-B705

图片描述

オーヴァーシーズ・オートマティック

ケース径:41mm

ケース厚:11mm

ケース素材:18K(5N)ピンクゴールド

防水性:15気圧(約150m)

ストラップ:18K(5N)ピンクゴールド、ポリッシュとサテン仕上げの半マルタ十字リンク、プッシュボタン式トリプルフォールディングクラスプ、コンフォートアジャスト・システム

2本目の付属ストラップ:ブルーミシシッピ・アリゲーターレザー、ブルーのヌバックにパンチング模様を施したライナー、手縫い、ラージ・スクエア・スケール、18K(5N)ピンクゴールド製バックル

3本目の付属ストラップ:ブルーラバー、18K(5N)ピンクゴールド製バックル

ムーブメント:自動巻き、Cal.5100(自社開発・製造)、約60時間パワーリザーブ、毎時28,800振動 、37石

仕様:時・分・センターセコンドによる秒・日付表示、透明ブルーラッカー文字盤、サーキュラーサテン仕上げ(フランジ部)、白い蛍光塗料を施した18K(5N)ピンクゴールド製インデックス・時針・分針、サファイアクリスタルのシースルーケースバック、磁気から保護する軟鉄製ケース・リング、ねじ込み式リュウズ、ジュネーブ・シール取得

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラッド・ピットが着けた時計は70年代のシチズン

クエンティン・タランティーノ監督の60年代のハリウッドに捧げた映画では、懐かしいツノクロ(ブルヘッド)も当時のブンドストラップも見ることができる。

ンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(Once Upon a Time in... Hollywood)』(2019年) は、クエンティン・タランティーノ監督が幼少期を過ごしたロサンゼルスを描き(文字通り、街区全体を再現)、1969年に起きたマンソン・ファミリーによる殺人事件を非現実的に再現することで、ノスタルジーを最大限に表現した。この映画は、仕事がなかなか思い通りにいかない中堅テレビ俳優のリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、彼が信頼するスタントダブルのクリフ・ブース(イカしたシチズンを着けたブラッド・ピット)の物語だ。

图片描述

注目する理由

图片描述

4月にアークライトとパシフィックの両劇場が閉鎖されるという悲しいニュースが流れた。パンデミックの影響で財政的に苦しくなり、自力での再オープンが不可能になってしまったのだ。ロサンゼルスのシネラマドームも深刻な影響を受け、それが今週の映画選びの大きな理由となった。映画の中で最も変化に富んだシークエンスの一つは、夜になるとロサンゼルスのダウンタウン全体が、建物ごとにライトアップされていくていくところだ。その中には、ミッドセンチュリーのアイコニックな看板を持つ有名なシネラマシアターも含まれている。この建物は歴史的建造物であり、永久に閉鎖されないことを願う。

图片描述

タランティーノ監督のハリウッドへのラブレターは、ディカプリオとピットという現代の2大スターを過去に遡らせた。ピットが演じるのは、ミステリアスでストイックなスタントマン―親友でもある―のブースだ。様々な車を運転して街中を走り、ドライブインシアターの裏にあるトレーラーで愛犬と暮らし、ブラウンの太いストラップのシチズン 8110ブルヘッド(ツノクロノ)を着けている。

图片描述

ピットのキャラクターは、髪型や時計のストラップに至るまで、70年代のロバート・レッドフォード(二人はトニー・スコット監督の「スパイ・ゲーム」で共演したことがある)のイメージを効果的に取り入れた。我々の時計映画紹介記事の第1回目では、レッドフォードとドクサが登場したが、これもバンドストラップだった。ピットは90年代から2000年代にかけて実生活ではロレックスを愛用していたが、その後はブライトリングのシネマ・スクワッドのブランドアンバサダーを務めている。興味深いことに、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で彼が着用しているシチズンの8110は、実は時代的に正しくない。この時計は1972年に発売されたが、映画の舞台は1969年だ。私の熟慮の末の意見を言うと、そんなことはどうでもいい。これは映画なのだから。疑念を一時停止することが鑑賞の本質なのだ。


【関連記事】:しかもファッショナブルできる男が持ってる時計